Thanx!

専業主婦に憧れつつも、仕事と家庭。どっちも諦めない!どちらかも選べない!葛藤の日々を楽しく可笑しく♪

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

往路編*NYC2011-2012  その3  



とうとう最後まで出てこなかった荷物。
むなしく、空のターンテーブルだけが動いてます( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
さて、どうしたものか・・・。

取りあえず、US AIRWAYS の管理事務所に出向き、荷物が出てこないことを告げる。
荷物のタグを見せるも、「うちのバーコードじゃないので、うちは関係ありません」の一点張り。

妹にはUNITEDに電話してもらうように依頼。
日本にいるダリにはANAから探してもらえるように依頼。

特に、妹の相手、UNITEDは電話ではわからない知らないを繰り返すパターンだと考え、
直接私がUNITEDのターミナルに行った方が良いと判断。
私は妹からの連絡を待つ間、空港内を回るFree BUS乗り場を探しUNITEDのターミナルに向かう。


時間は深夜1:00すぎ。
昼間でも15分間隔のBUSも15分間隔じゃないのがアメリカ(爆)
一体、いつ来るかわからないBUSを待つしかなく・・・。
10分待ったら来た~~~~~!!大大大LUCKY!!

ようやく辿りついたUNITEDのターミナル。
しかし、残念!CLOSED・・・。Y(>ω<、)Y ヒェェーーッ!

セキュリティーの人に何時からか聞くとAM 4:30~だって。


私の荷物のタグは広島空港で発券された荷物タグ。
最終到着便までお預かりしますという荷物タグ。
一度ワシントンで入国の際に荷物をピックアップしたけど、再度新しく発券されることもなく、
乗り継ぎ便のUNITEDに、そのまま預けた荷物。

あのドタバタ劇の中、UNITEDの女性に「荷物はあなたを追いかけます。」
と言われ、急いで空港を移動し、US AIRWAYSには私だけの搭乗手続き。
荷物を預ける手続きをしていないので
US AIRWAYSは荷物を預かっていないと主張するのもわかる気がする。



まとめると、

■ US AIRWAYS の言い分。
荷物は預かっていないので探せない。UNITEDに問い合わせなさい。

■ UNITEDの言い分。
確かにUS AIRWAYSに荷物を託したのでこれ以上は介入できないのでUS AIRWAYSに行きなさい。
こういう場合は、最終搭乗便の会社が責任を持つようになってます。

■ ANAの言い分。
荷物が我々から離れた以上、どうしようもありません。
しかし、こういう場合は最終搭乗便のUS AIRWAYSが責任を持つようになります。


で? !だから?!私の荷物は何処よ~~~~~~~!!!!!!


どうやら、US AIRWAYSに責任の所在があるのかも。という見解になってきた。
でも、もう今からじゃどうしようもない。
一度、ホテルに向かい明日朝また空港に出向くか。

タクシーに乗り、マンハッタンへ。
着替えもない!とりあえず、パンツ洗わなきゃ!(爆)

いつもは興奮する景色も、UNITEDがキャンセルになってから12時間。
日本を出てから30時間。本当なら15時間あまりで着く旅程なのにね(涙)
ヘトヘトに疲れて、どうでも良い感じ。

妹とのハグもそこそこにシャワーを浴びて就寝。


翌朝、再びラガーディア空港へ。
20120108-m-005.jpg

US AIRWAYSのカウンターに行ったら、昨日(今日の未明だけど)の男性はおらず女性の対応。
また一から話す(←これが疲れるのよね)。
たぶん、彼女は責任が自分の会社にあることを知ってると思われる。
けど、荷物はない。
UNITEDに電話してくれ、「何個か荷物が届いてるみたいなので行ってみたら?」

またFree BUSでUNITEDのターミナルへ。
近づくと見えてきた私の荷物!!

「I miss U ~~♪」

と、荷物にスリスリ~♪
セキュリティーのおじさんに笑われる^^

「もう、UNITEDの荷物じゃありませんから」って言いながら何よ!
何でUNITEDで来てるわけ?
大体、航空法か何かで搭乗者がいない荷物は運べないんじゃなかったっけ?
もう、怒り心頭!

と言いたいところだけど、何せ疲れちゃっててね・・・。
良かった良かった・・・。ちゃんちゃん。

って帰ろうとして、


あ あ あ あ あ あ あ あ あ あ あ あ あ あ あ あ あ あ!


まただよ!またやってくれたよ!!!どうしてこうなるんだよぉ~!



「THE 破損」

20120108-m-004.jpg

なかなか取り合ってくれなかったのですが、カメラを持ち出して「記録のために写します」
と言ったら、しぶしぶ対応の↑の写真(笑)

何かトラブルがあるたびに写真を撮ることをお勧めしまーす。
何もなければ消せば良いのですから。タクシーのライセンス証や顔写真なんでもです(笑)
あらら。なんかヤバイなーと思ったら即実行^^

泣き寝入りだけは、絶対嫌なんです。負けるにしても納得して負けたい(爆)
もちろん、堂々と撮る時もありますが、一番効果的なのはチラ見せです♪

チラ見せだけでも結構効果はあります。途端に態度が変わりますから(*`▽´*)ウヒョヒョ




そんなことで往路編終了☆
これ、すべて一日で起きたことなのよね。
疲れたよね(笑)





NY旅行INDEX 作りました。これだけの記事をアップする予定です♪



category: 未分類

コメント

キャサリンさんが生きてて良かったぁ~~~(T-T)

飛行機が別のとこに着いちゃっただの、キャンセルだの、カバンが来ないだのってのは、年に何度も乗ってればあることだけど、それがいっぺんに起こるとは・・・。
しかもため息オヤジと集団オェ~でしょ、マジありえない(-_-)

有り得ないといえば航空会社の言い分、とってもアメリカらしいですね。
あの対応に何度ぶちきれたことか・・・。
オェ~した人がピザを食べる光景、私も見たことがあります。
出した分を補充ってか!?と日本語でつっこんじゃいましたね。
アメリカ人・・・恐るべし!!

でも、妹さんがポートオーソリティーで夜を明かさずに済んだのは本当に良かったです。
いくら英語が堪能でも避けられないことってありますもんね。

キャサリンさんが体を張って教えてくれたので!?やっぱり寒い時期に雪が降りそうな場所は避けようってつくづく思いました(^◇^)

URL | ヒロ #-
2012/01/10 15:44 | edit

ヒロさん

あはは~wありがとうございます!

いやー、さすがに一気にくると、何というか・・・(笑)

しばらく、I don't know って手のひらを上にむけて、ひょいと肩をすくめる姿を
見たくありません(笑)
ほんと、寒い時期は止めた方がよさそうです。
いつもトラブルは冬ですもん。。。
でもまた行ってしまう。アホなんでしょうね~^^;

本年もどうぞよろしくお願いします^^

URL | Catherine* #-
2012/01/11 10:20 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://happylifeofcatherine.blog27.fc2.com/tb.php/169-ee35a6cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。