Thanx!

専業主婦に憧れつつも、仕事と家庭。どっちも諦めない!どちらかも選べない!葛藤の日々を楽しく可笑しく♪

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Day 6* その1 知床半島クルーズ ♡  




おはようございまーす(`・ω・´)

20120918-m-001.jpg


今回の北海道、メーンイベント。世界遺産 知床半島クルーズ~♪
斜里町にあったHOTELを午前8時過ぎに出発。集合場所のウトロ港へ。



今回のクルーズでお世話になったのは「ドルフィン」さん。
小型船の部類に入るクルーズで入り江など近場に寄れるというのがウリ。

20120918-m-002.jpg


知床が世界遺産に登録されるか?!という頃から、ずっと行ってみたいと願っていた知床。
中でも見たいのはヒグマ。 野生のヒグマを見てみたい!それが一番の願い(笑)

ここは、予約が早かった人から船の好きな場所を選べることが出来るというシステム。
これ、結構大事。船の窓越しに見ることになったら悲しいもん~。

私たちは2番目だった(偶然にも!ラッキー☆)
10人しか入れない船首部分を選択w
風を切って走ります^^


さぁ、出発~~~~~♪
その前にっ!うんちくTimeです。がははw

知床半島をクルーズしていると、人が住んでいるんじゃ?!という小屋のようなものが見えます、
「番屋」と言って漁師さんが、漁の出来る間、家に帰らず生活できる場所。
人類未踏の地。地の果てと言われる知床半島ですが、海からは入れた場所。
電線や水道がひいてあるわけではないので、
発電機や知床半島に多くある滝を利用した水力発電などで賄えられているようですが、
許可された漁師さんだけで、一般の立ち入りはもちろんできません。

世界遺産となったため、一般の立ち入りは、更に厳しくなっているようです。

知床は地の果てといわれる所以に、冬になると海は流氷に囲まれ、海からも陸からも入れない。
そんな期間が数か月。滝だって凍る極寒の地。誰も寄せ付けない。それが知床半島。



むかし、むかし。そんな知床に「留守番さん」と呼ばれた方がひとり。
冬の漁が出来ない間、ヒグマやネズミなどから番屋を守る70歳すぎの老人。
食料や水の計算、万が一、ヒグマに襲われ負傷しても助けを呼ぶことすら出来ない。
携帯電話もない。無線もない。いるのは共に番屋を守るネコたちだけ。

そんな過酷な生活をしている「留守番さんを」モデルにした本「オホーツク老人」が出版されたのが、
半世紀前。その小説を読んだ故森繁久彌さんが、感動して映画化したのが「地の果てに生きるもの」
1960年(昭和35年)のこと。

実際のロケはウトロ側ではなく羅臼側で撮られたようで、森繁久彌さんが羅臼でのロケを終え、
帰る時に羅臼のみなさんに贈った曲が「さらば羅臼よ」という曲。
後に加藤登紀子さんが歌って大ヒットした「知床旅情」だそうです。




それではご一緒に!(爆)


♪知床の岬に はまなすの咲く頃~、

20120918-m-004.jpg


思い出しておくれ 俺たちのことを~♪

20120918-m-003.jpg


♪飲んで騒いで 丘にのぼれば

20120918-m-005.jpg


遥かクナシリに白夜はあける~♪


20120918-m-006.jpg


名曲ですね~。昭和の歌って良いですね~w

森繁久彌さん主演の「地の果てに生きるもの」という映画は甘さの全然ない映画らしく凄いらしい。
ここで生きるのがどんなに過酷なことなのか、とてもよくわかるそう。
それに加え、共に極寒で生きてきた猫を助けようと流氷の割れ目から海にに落ちてしまう。
というラストらしく、考えただけで辛いので観るのはやめました^^;


20120918-m-007.jpg


実際、壮大すぎてフレームに収められないのと、撮ったものが安っぽく見えるというか。
これは行くしかないです。瀬戸内海でクルーザーに乗ると加山雄三さんの ♪海よ~俺の海よ~♬
この歌が海にはぴったりとだな~と、鼻歌がつい出てくるのですが、ここでは出てきませんでしたー(笑)
悠長に歌ってる場合じゃないというか、景色に圧倒されてると言った感じです。
感動しっぱなしの3時間でした。


20120918-m-008.jpg




20120918-m-009.jpg


↑の灯台が見える場所。ここが知床半島の先端。
ここから先、30分船を走らせると拿捕される海域。
そうです!こんなに近くにロシア。

20120918-m-010.jpg




ここで、U ターンをして港に戻ります。


20120918-m-011.jpg


悲しいことに遭遇率95%のヒグマを見つけられずに・・・。
ことのほか良いお天気だったことが災い。暑すぎて出てこれないんだろうって(´;ω;`)ウゥゥ


ドルフィンさんのご厚意で、
帰りにもう一度ヒグマの生息地に寄ってヒグマを探してみましょう。ということに。


奥で鱒を取ってるのが一匹見えますが、肉眼で見るのは厳しいかも!だって。
悔しいーーーw

すると!ヒグマ発見の声!!






親子連れです^^

20120918-m-012.jpg

20120918-m-013.jpg

か、可愛い~~~~~っ♡

親は3年ほど子を連れて歩き、いろいろなことを教えるそうです。



いや~大満足!!3時間の行程でおしりが痛かったけど、最高だったわ~。
この日はずっとこの話題。いや、今もこの話題か。
知床って場所は本当に素晴らしかった。極寒の知床も見てみたいな~。



ずっと潮風に当たってると疲れって相当なもんなんですよね。
お腹がすいてきましたよww
さ、何食べよう~♡








category: 未分類

コメント

知床絶景ですねぇ!!
雄大な景色に見惚れました。

ヒグマ親子にも遭遇できたとは素晴らしい!
行きたいなぁ知床も。
この夏、お母様と甥御さんと一緒に知床に行った友人がいるので、
また詳しく聞いてみます。

ところで
>共に極寒に生きてきた猫を助けようと流氷の割れ目から海にに落ちてしまう。
というラストらしく、考えただけで辛いので観るのはやめました
お気持ち分かります。
私もダメです。。。

最後に、ドルフィン号のお写真右のワンちゃんはどういうお方ですか?
ドルフィン号の看板ワンちゃん???

URL | yok #-
2012/09/19 19:48 | edit

yokさん

絶景なんですよぉ!!!
この素晴らしさを写真で表せないのが悔やまれます。
一度是非!!

帰って観る気満々だったのですが、猫が流氷にのって流されるんだそうです。
その時点でアウト!ついつい重ねてしまいますもんね^^;

> ドルフィン号の看板ワンちゃん???
そうなんです!りらちゃんって言うそうです。
可愛いんですよ♬

URL | Catherine* #-
2012/09/20 12:20 | edit

こんばんわ♪
コメントありがとうございました!!

ついつい知床ネタに釘付け~ ̄∀ ̄
ヒグマ親子に遭遇!!我が家もここ、知床クルーズで見たことがあります
私、ビデオ撮っていたんですが。。。
なんと録画のスタートボタンを押していなかったという残念な結果に。

そりゃ旦那もブーブーでしたが(T_T)
そんな思い出のある場所でして(笑)

壮大な景色を見た後はやはり美味しい食べものですよね、ふふ。

これからもよろしくどうぞ~
リンク頂いても良いでしょうか!?

URL | un_voyage #-
2012/09/21 22:44 | edit

un_voyageさん

コメント&リンクありがとうございます!!感激☆

知床良いですよね〜。
もっと早く行っておくんだったって思いました^^;
録画ミス!へこみますよね〜。わかります。
私も経験あります!SDカードがなかったとか(笑)
その他、諸々多々でーす(T▽T)

私もリンクいただきました!!
これからもよろしくお願いします☆

URL | Catherine* #-
2012/09/23 13:00 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://happylifeofcatherine.blog27.fc2.com/tb.php/316-f464bea9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。